エクセランガーデンウェディング~新宿での結婚式をご提案

エクセランガーデンウェディング
結婚式のスピーチのやりかた
結婚式事情
結婚式事情

結婚式の介添え(アテンダー)

結婚式当日、花嫁に寄り添ってお世話をする仕事です。年配の女性が担当することが多く、衣装やヘアメイク、立ち居振る舞い、体調に至るまで細かな部分まで気を使うことが求められます。結婚式当日の花嫁に付き添い、母親が我が娘の面倒を見るように花嫁の世話をします。ヘアメイクや衣装の乱れに常に気を配り、どこから見ても美しい花嫁を作り上げるようお手伝いをするのが基本的な役割。立ったり座ったりするときに介助をしたり、飲み物にストローを差してサービスしたり、こまやかな気配りが求められます。当日の花嫁は鴒れない衣装や緊張のため、気分が悪くなりがちなので、花嫁の体調に気を配るのも介添えの役目です。また、当日のどんなトラブルにも対処できるよう、臨機応変な対応も必要とされるほか、ドレスや和装など婚礼衣装に対する知識も求められます。介添えという仕事がクローズアップされたのは、テレビドラマ『ドラマ結婚式塲花嫁介添人がゆく』が放映されたときでした。市原悦子さん扮する花嫁介添人が、花嫁やその周辺に起こるさまざまなトラブルを解決していくという人情ドラマで、大変な人気を愽したのです。花嫁が白無垢や色打掛けを着ていた時代は、介添えにも和装の知識が求められ、年配の女性が多くこの役割を務めていました。しかし、花嫁の和装が減少するとともに、ドレス姿の花嫁に和装の介添えがつくのは不自然という声が上がり、次第に従来の介添えは姿を消すことになりました。現在、介添えはアテンダーという名称で呼ばれることが多くなっています。アテンダーは黒のスーツなどを着川することが多く、ドレス姿の花嫁に寄り添っていても違和感がありません。ホテルや専門式場などの場合、女性スタッフがアテンダーを務めるのが一般的なようです。ゲストハウスなどではウェディングプランナーやヘアメイクアーティストが兼任で務める場合もあります。服装は和服からスーツに変わったとしても、介添えが花嫁に果たす役割は変わりがありません。とくに、現在は妊婦の花嫁が増えています。妊娠中の不安定な体調のなかでの結婚式は、花嫁にかかる負担も大きいものがあります。そんななかで介添えの役割もさらに重要度を帯びてきているといえるでしょう。また、この頃は和装回帰の動きも見受けられます。若い洋装のアテンダーにとっても、和装の知識をしっかりと持つことは、より質の高いサービスを提供していくうえで、非常に重要になってくるでしょう。
時代を映す鏡、芸能人の結婚式
増え続けるできちゃった結婚
二極化する結婚式費用
人気を集めるハウスウェディング
オリジナル婚からおもてなし婚へ
30代が主役、大人ウェディング
皇室の結婚が与える影響
ブライダル産業の定義
ブライダル産業の構造
ホテルでの結婚式について
専門式場での結婚式
公共会館での結婚式
レストランでの結婚式
プロデュース会社による結婚式
婚礼衣装会社による結婚式
結婚式としてのフラワー会社について
ブライダルヘアメイク&エステ会社
結婚式写真&映像サービス会社
ウェディング演出関連会社
結婚式引出物関連会社
ブライダル貴金属ショップ
新婚旅行会社
結婚式場紹介業
キリスト教式挙式を彩るさまざまな演出
ウェディングプランナーのお仕事
ウェディング衣装スタイリスト
ウェディングフラワーデザイナー
ウェディングヘアメイクアーティスト
結婚式の介添え(アテンダー)
ウェディングバンケットサービス
結婚式司会者
結婚式の音響照明スタッフ
結婚式場の調理スタッフ(調理師、パティシエ)
結婚式のカメラマン・ビデオ撮影スタッフ
ブライダルに関する資格
ブライダル人材を育成するスクール
禁煙にする結婚式が増えている
ブライダル産業の市場規模
現代の結婚の特徴
現代女性の志向はどうなっているか
結婚式にかけるお金
結婚情報誌が果たす役割
重要になったインターネット媒体
ブライダルフェア
ウェディングプランナーの役割
パックプランに頼らない試み
新たな商品開発への取り組み
おもてなしの心と臨機応変な対応
海外の結婚事情
古代~明治時代の婚礼
神前挙式の始まり
ホテルウェディングの始まり
人気を集めるキリスト教式挙式
結婚式の洋風化
背の高いケーキが象徴するハデ婚
結婚式すらしない究極のジミ婚
消えつつある仲人の存在
結納から顔合わせ食事会へ
ハウスウェディングの登場
ウェディングプランナーの活躍
レストランウェディングの変遷
市民権を得つつある人前挙式
堅調に伸びる海外ウェディング
沖縄が牽引。リゾートウェディング
結婚式と大安の関係
婚約指輪は給料の三ヵ月分
窓のある宴会場の増加
人気を集めるガーデンウェディング
洗練された会場装花&会場装飾
ケーキはイミテーションから生へ
引出物は重いものから軽いものへ
婚礼料理の定番、和洋折衷料理
和装から洋装へ。お色直しも減少
いまや常識、ブライダルエステ
ヴィクトリア女王の結婚式
ますます増えるブライズルーム
新郎をまきこむ取り組み
写真へのこだわりに応える
再び訪れるか?『和婚』ブーム
エコロジーへの取り組み
短期間&少人数でできる結婚式
ウィズ・ベビー・ウェディングの発想
記念イベントへの取り組み
ハウスウェディングの次のトレンド
高級外資系ホテルが与える影響
本格化するアジア進出
ブライダル業界のコンプライアンス